学部・学科紹介

松田浩平

所属 東北文教大学 人間科学部 人間関係学科
氏名 松田 浩平 MATSUDA Kohei
職名 教授(附属図書館副館長)
学歴
昭和56年3月 日本大学文理学部 卒業
昭和58年3月 日本大学大学院文学研究科博士前期課程 修了
昭和61年3月 日本大学大学院文学研究科博士後期課程 単位取得退学
職歴
昭和62年4月~平成2年3月: 豊橋短期大学 講師
平成2年4月~9年3月: 東海大学短期大学部 講師
平成9年4月~14年3月: 文京女子大学人間学部 助教授
平成11年4月~14年3月: 文京女子大学大学院人間学研究科 助教授
平成14年4月~23年3月 文京学院大学(旧文京女子大学)大学院人間学研究科 教授
平成23年3月~ 東北文教大学短期大学部 教授
令和3年4月~ 東北文教大学 教授
学位 学士(心理学)、文学修士
専門分野 心理学測定法、人格心理学、発達心理学
研究課題 生理・行動指標によるパーソナリティーの実験心理学的研究
主な授業科目 「心理学」「人間関係論」「生涯発達心理学」「教育心理学(兼)」「心理学実験演習(兼)」
教育・研究に関する主な業績
【著書】
西野らと共著 2011研究法と尺度; 発達科学ハンドブック2第4章 発達のテスト法新曜社(日本発達心理学会編)
太田らと共著 2009心理学検定基本キーワード日本心理学所学会連合心理学検定局 実務教育出版
岡村らと共同編集 2007応用心理学事典第一章「認知心理学」を編著
森下らと共著 2006 SDSキャリア自己診断テストならびに手引き日本文化科学社
中村らと共著 2001 Marie乳児発達診断検査および同利用の手引き 千葉テストセンター
(他11編)

【論文】
2012 Variance Trend in Reaction Time for Personality Traits; Personality Traits of Version and Emotional Stability, Japanese Journal of Applied Psychology Vol 38, pp.92-100
2009 A Study of Holland Theory Using the SDS Vocational Aptitude Test; Utility and application. Japanese Journal of Applied Psychology, Vol 34, pp.54-64
2009 The experimental study on the relation of reaction time and personality traits; The difference of reaction time by the personality trait terms, Japanese Journal of Applied Psychology, Vol 34, pp.84-112
2012短期大学生に於ける進学動機と職業指向性に関する一研究, 東北文教大学・東北文教大学短期大学部研究紀要 第2号 p149-160
1996乳児期の社会性発達パターンと社会生活能力に関する追跡研究, 小児の精神と神経 Vol.36 No.4, pp.307~314
(他35編)
【学会発表】
2013 The intra-individual differences in reaction times to the personality trait terms. European Congress of Psychology 2013 in Stockholm Sweden
2012 A relationship between the motivation for choosing a university and the job orientation to the future in Japan. 16th European Conference on Personality. Trieste Italy
2010 The comparison between the factor of paired personality trait terms by the reaction times and the questionnaire; Attempt by extroversion and emotional stability scales. The 27th International Congress of Applied Psychology. Melbourne Australia
2008 The reaction times to the paired personality trait terms by selective response tasks. The 29th International Congress of Psychology. Berlin Germany
2006 A study of Holland theory by the SDS aptitude test; Characteristics of personality traits in six categories. The 26th International Congress of Applied Psychology. Athens Greece
(他153編)

http://researchmap.jp/read0039963/

学会活動
【所属学会】
所属学会(現在) International Accociation of Applied Psychology, 日本心理学会, 日本応用心理学会, 日本教育心理学会, 日本発達心理学会, 日本パーソナリティー心理学会, 産業・組織心理学会, 日本行動計量学会, 日本小児精神神経学会
日本発達心理学会理事 平成9~12年
日本応用心理学会理事 平成11年~現在
日本性格心理学会理事 平成12~平成20年 (日本パーソナリティー心理学会に学会名変更)
日本パーソナリティー心理学会理事会監事 平成21年~平成25年
日本パーソナリティー心理学会常任理事 平成25年~
社会貢献
【審議会委員等】
・厚生省児童家庭局障害福祉課所管心身障害者研究班 昭和62年~平成5年
・中小企業研究所(中小企業事業団・中小企業大学校)研究員・審議委員 平成元~4年
(他3件)
受験生へのメッセージ 社会でも学べることと、大学等でしか学べないことがあります。大学では広い教養と、深い専門知識や技能を習得してください。そしてあなたの将来への目標を見つけてください。
出張講義や講演等に応えられる内容 職業興味とパーソナリティー特性を基盤とした職業への動機づけ
青年期における学習への動機づけと原因帰属
行動指標からみたパーソナリティー特性
組織に於ける個人属性と組織風土
乳幼児の発達に関するアセスメント
上記のほか心理測定や組織行動・動機づけに関する内容
メール