東北文教大学

活動・各支部紹介

「耀(かがやき)」同窓会

 1968年(昭和43年)に発足し、今年で53年目を迎えます。平成28年は「フェルメール光の王国展」、一昨年は設立50周年祝賀会を行いました。同窓生数も17,505名となりました。愛称「耀(かがやき)」は、同窓会が高くひかりかがやく存在となり、いつまでも温かい光にみちあふれていたいという願いがこめられています。卒業後も母校とのつながりを大切にし、宮城・秋田・東京・ソウルの4支部を含み、卒業生の方々と連携をとりながら活動しています。また、「奨学事業」をすすめています。

kagayaki.jpg

同窓会員数17,505人(平成31年4月現在)

支部 東京・宮城・秋田・韓国ソウル
「耀」同窓会 会長 佐藤 克子
東京支部 支部長 廣瀬友美
宮城支部 支部長 早坂 悦子
秋田支部 支部長 加賀谷 潤子
韓国ソウル支部 支部長 張 玹淑

同窓会会長より

『これからもよろしく』

 みなさま初めまして。私は「耀」同窓会の4代目会長の佐藤克子です。新しく変わろうとしている母校を、また、多くの同窓生のみなさまを、どのような形で応援できるのか戸惑いつつ、常に新しい気持ちで事業展開しています。

 今回、みなさまとの出会いがあったように、人生は多くの出会いの繰り返しです。それが、さまざまな形で目の前に現れるのが不思議でもあり、おもしろくもあります。同窓生との思いがけない出会いもありました。老人施設で「実習でお世話になりました」と声をかけてくれた幼児教育科卒業生は、統括の立場で頼もしく働いていました。また、お店で隣り合わせた女性が知人の友達。話を聞けば、英文科卒業との事。飲み交わすうちに彼女はポツリと「今度同窓会に行ってみようかな」と一言。いつでも待っていますよ。

 それから、山形市認証保育園の活動を始めた時、園長として出席した女性2人も幼児教育科卒業。同じ目的のために、ともに働ける力強さと信頼感は、同じ源にあると実感しました。世の中狭いのか同窓生が多いのか。いずれにせよ、みなさんそれぞれの場で耀いている姿にパワーをいただいた出会いでした。この先、山短の名が変わっても、同窓会の根底にあるものは不変です。どうぞみなさま、母校へ、そして同窓会の集まりへ是非足を運んでください。

「耀」同窓会会長 佐藤 克子

お問い合わせ

「耀」同窓会 事務局

〒990-2316 山形市片谷地515 東北文教大学内
電話:023-688-2298 FAX:023-688-6438
メール:dosoukai@t-bunkyo.jp